病院紹介

沿革

平成5年7月1日
国立療養所南花巻病院と国立花巻温泉病院が統合、国立療養所南 花巻病院として発足
平成16年1月31日
精神50床廃止(精神250床、重心80床)
平成16年4月1日
独立行政法人国立病院機構花巻病院に移行
平成17年3月3日
精神病棟(第2病棟)廃止
平成17年10月1日
医療観察法病棟(第7病棟)34床開棟
平成19年2月28日
精神病棟(第3病棟)休棟
平成19年4月11日
精神病棟(第5病棟)休棟
平成19年7月4日
認知床病棟(第6病棟)閉鎖
平成19年10月1日
病棟集約:(第1・第2病棟→第1病棟)14床廃止
平成20年2月19日
医療観察法病棟(第7病棟)2床増 36床
平成21年4月1日
病棟集約:重心病棟(わかば病棟)2個病棟80床→1個病棟60床
平成21年
精神科急性期治療病棟入院料2算定開始
平成22年3月17日
第1病棟→さくら病棟新築60床
病棟名変更:第3病棟→かなん病棟、第7病棟(医療観察法病棟) →みずき病棟
平成22年9月1日
みずき病棟(医療観察法病棟)2床減 34床
平成23年8月3日
みずき病棟(医療観察法病棟)2床増36床
平成24年1月11日
旧第5病棟50床減(精神144床、重心60床、合計204床)
平成24年9月24日
かなん病棟新築 48床

国立花巻温泉病院

昭和14年12月8日
傷痍軍人花巻温泉療養所として創設
昭和20年12月1日
国立花巻温泉療養所として発足
昭和21年4月1日
国立岩手療養所分院となる
昭和27年4月1日
国立陸中療養所と改称、独立し結核療養所となる
昭和42年4月1日
国立病院に転換し、国立花巻温泉病院となる

国立療養所南花巻病院

昭和21年12月1日
日本医療団花巻療養所として創設
昭和22年4月1日
厚生省に移管、国立岩手療養所分院花巻療養所として発足
昭和26年4月1日
国立花巻療養所として独立
昭和38年
国立療養所再編計画に基づき精神科併設
昭和45年4月1日
国立療養所南花巻病院と改称
昭和49年4月1日
精神療養所に転換(300床)
昭和50年7月1日
重症心身障害児(者)40床新設、以後51年11月までに40床増床(精神300床、重心80床)
平成2年11月30日
認知症病棟(50床)新設
平成4年3月30日
デイケア棟・研修棟新設
平成5年4月1日
精神科デイケア小規模なもの
平成4年9月30日
研修(含宿泊施設)・研究棟新設